弔電を送る時のポイント

弔電は通夜や告別式が行われる時に、事情があって参列できない方が喪主に弔意を表す電報です。通夜、告別式に間に合わせるように送るのが一般的とされています。初めて送る方が迷う事に、どこに送れば良いのかという事です。これは自宅で葬式が行われていたら自宅へ、斎場で行われていたら斎場宛に送りましょう。弔電では使用される敬称が変わってくるので注意しておきましょう。例えば父である場合はご尊父様やお父様、お父上様とされます。どのように敬称が変わるのか表などを見ながら調べておきましょう。また宗教によってお悔やみの言葉は変わってきます。キリスト教では逝去という言葉はタブーとされているので、昇天や帰天としておきましょう。お悔やみ、冥福、供養なども仏教の言葉ですので注意しておき、重ね言葉も控えておきましょう。マナーを守って気を付けて送りましょう。

弔電を打つ時のマナー

最近はインターネットの普及などもあり、電報を利用する機会も減ってきました。電報の種類も様々ですが、よく利用するものとして弔電があります。通夜やお葬式の時、何回か利用した事がある人も多いのではないでしょうか。電報を打つ時はマナーがありますので、注意する必要があります。葬儀や告別式などに参列できない時に、弔電を打つ事でお悔やみの気持ちを伝える事ができます。また遺族の勤務先である職場や取引先などにも送る事があります。その場合遺族の気持ちを第一に考え、電文の中に励ましの言葉を一言添えると喜ばれます。また電報会社に依頼する時は電話番号をしっかりと伝え、料金なども確認しておいてください。電報会社によっては電報料金を電話代と一緒に請求してくれる所もあります。最近は様々なサービスを提供する会社も増えていますので、比較検討してみる事をお勧めします。

仕事が忙しい時は弔電が役立ちます

会社勤めをしていると葬式にいけないことがよくあります。相手も同じような経験があるのでその辺りわかってくれていると思われます。しかしこれからもその相手と付き合いをしたい場合は弔電を利用するといいです。これをすることによて参列できなくても悪く思われることをかなり防ぐことができます。これは実際にもらう立場を経験すると感じることができます。過去に親が亡くなった経験が二回ありますが、その時友達から弔電が届きいい感じを受けたことがありました。友達も大きな会社で役付きになっていますから来られないのは当然のことです。しかしちゃんと弔電を送ってくれていましたからいい感じを受けました。この経験から葬式に行けない時は必ずこれをするようになりました。これをやると参列できなくてもかなりいい印象を与えることは間違いないと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*