部署で出す弔電はまとめて

勤め先の人に不幸ごとがあった時、会社から弔電を出すことがあります。大手になれば、部署ごとに送ることもあるのではないでしょうか。その際、どのような形で出されているかご存知ない方もいらっしゃるでしょう。部署の責任者名と、「他一同」という一言をつけて送ることがほとんどだと思われますが、中には各部署の責任者ひとりひとりが送ってくるケースもあります。こうなると、当家がよほど会社との関わりがある以外は序列はもちろん、各個人の名前の読み方すらもわからないという状態になってしまいます。お悔やみを伝えたいお気持ちはわかりますが、できるだけ部署ごとに弔電を出す時は個人名を控えてひとまとめにし、「○○部一同」という表現に留めて出す方が親切です。経費削減にもなりますので、ひとまとめにしてでお悔やみを申し上げます、という形にするように心がけてください。

弔電で使う文章とはどういうモノでしょう。

遠方で知り合いが亡くなった場合、弔電を利用するはずです。というか、人によっては行きたくても葬儀に出られないこともあるからです。しかし、相手の死を悼む心は遺された家族に伝えておくべきでしょう。ただ、電報は普段、使わないのでどんな文章を使うか悩むかもしれません。とりあえず、電報を贈るサービス会社に相談してみましょう。ぶっちゃけ、こういったサービス会社はプロですから適切な文章を考えてくれるはずです。他にも、本屋でも様々な電報の文章に関しての本とか売っています。最近ではインターネットとかでも情報を得られるでしょう。ありきたりな文章では相手に失礼かと感じるかもしれません。しかし、悩んで出さずにいるより、ありきたりでも出した方がいいのかもしれません。何故なら、葬儀は一生に一度しかないからです。それに弔電は故人に贈る最後のメッセージです。

弔電で使ってはいけない言葉

結局、弔電で使ってはいけない言葉というモノがあります。それが忌み言葉です。なるたけ、忌み言葉が入らないように文章を組み立てなくてはいけません。それが相手を気遣うということになります。相手といっても故人とか遺された家族へのメッセージです。結局、言葉を重ねる文章は使ってはいけません。というのも、重複する言葉は不幸事が続きそうな印象を相手に与えてしまうからです。さらに思わせぶりな文章も相手を混乱させます。特に死を冠した言葉は避けましょう。できれば、逝去とか使うほうがよさそうです。さらに宗教に関しても文章があるわけです。確かに日本人の大部分が仏教徒ですが、他の宗教の方も存在します。しかし、成仏とか冥福や往生は仏教からきている言葉です。なので、他宗教の方の葬儀に送るモノにはふさわしくありません。その点を気をつけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*