変化する弔電の送り方と選び方

葬儀告別式の際、どうしても参列できない場合に取り急ぎお悔やみを伝えるために使われるのが弔電です。お馴染みの電話局取り扱いのもの、郵便局のもの(正式には郵便局由来のものはレタックスと言います)、近年ではインターネットで申し込めるものも増えてきました。弔電とともにお香典を送ることもありますが、近年では故人へのお供えとしてプリザーブドフラワー、またご当家への贈り物として金封ふくさやお線香を添えることも多くなってきました。様々な事情で式への参列は不可能、しかし弔電の文字だけでお悔やみを済ませるのはちょっと…と思う方は、そうした贈り物も一緒に選ぶといいでしょう。ちなみに、お線香は特におすすめです。葬儀が終わり、ご自宅での供養、そして初七日、四十九日と、お線香はできるだけ絶やしたくない物。しかし喪家は葬儀終了後なにかと多忙になります。うっかり使い切ってしまった時に頂いたお線香があると助かるという声が多いので、参考にしてください。

弔電は余計なことを書かず短く簡潔に

お葬式の時に出席できないけど挨拶したいという人のための手段の1つとして弔電というのがあります。この弔電を送るときの形式は厳密には決まっていませんので何を伝えようかは一応自由ではあります。しかしこの際にはほとんどの人は決まりきったかのように手短なあいさつ程度で済ませますし、そうすることがベターな選択肢となります。その理由は1つはプライベートなことなど延々と書いてもご遺族たちはそれを読んでいる時間もないし、悲しみに暮れていてそれどころではないかもしれないからです。また仮に読んでもその関係は故人との間であって遺族たちとは関係ない部分の話かもしれないからです。それに余計なことを書いたがために遺族の感情を悪化させてしまっては大変なことになりかねません。それと弔電は1文字ごとに料金が高騰します。あまり文字が多すぎるとその支払いが大変になりますから文字数を少なくするために気に触れない簡単なあいさつ程度で済ませるのがベターな選択肢となります。

弔電を申し込む方法とは

少し前までは弔電を申し込む時に電話をするのが一般的でした。しかし今ではオンラインで申込みをすることが出来るようになっています。電話の場合、実際にどういうものになってくるのか分からないということがあります。しかしオンラインで申込みをすれば、どういうものになるのかある程度のことは分かるようになっています。メッセージに関してもどういうものにするのか考えることが出来ます。弔電は哀悼の意味をこめて送るもの。派手にならないようにしなければいけませんし、簡単すぎるものも失礼になります。価格によっても全く違った雰囲気になるので、色々なものの中から選択をすることが必要です。かなりリーズナブルな価格で利用をすることが出来るようになっていることもあるので、価格のチェックをしてみることも大事です。会員登録をすると割引が適用されることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です