弔電か、レタックスか

ひとことに弔電といいましても、近年はインターネットの普及により、様々な種類の物が発売されました。そうした中、私たちは葬儀場に届いたお悔やみの伝文をひとまとめに「弔電」と呼びますが、正式には電報とは電話局が提供する物を指します。それ以外の提供物で代表的なものが郵便局が提供する「レタックス」です。どちらも台紙が自由に選べますが、電話局電報はキャラクター電報であったり、プリザーブドフラワーや線香といった贈り物や供物を添えることができます。レタックスは台紙中心ですが、伝文の作成が費用を抑えつつ自由にできます。電話電報は一文字につき料金が加算されていきますので、オリジナルよりも定型文で作成・送付することが多いようです。ご自身の予算、状況等に合わせ、ご自分らしいお悔やみをご当家に贈り、冥福を祈ってあげてください。

葬儀にどうしても行けない場合には弔電を送ろう

親しい友達や昔から大変お世話になった方の葬儀というのは、最後のお別れになりますので、できるだけ駆けつけたいと考えるものですが、場合によっては時間や距離の関係でどうしても葬儀に駆けつけることができないケースもあります。そのような時は、弔電を送るのがベストであります。弔電というのは、弔意を示す文章を記して送る電報のことであり、どうしても葬儀に参列することが出来ない場合に絶大な効果があります。そもそも電報のメリットは、電話機を持っていない相手対しても確実に連絡が出来ることであります。昔から、家族の病気を伝える手段として当たり前に使われてきています。しかし、現代では携帯電話や電子メールが普及しているため、個人に対して電報を送るようなことは少なくなってきています。ですが、弔電は葬祭分野においては、今でも利用されています。

弔電を送るメリットとは

どうしても葬儀に参列出来ない場合に、ご遺族の方にお悔やみの言葉を伝える手段として弔電を送ることがあります。場合によっては電話や電子メールで送ることもあるかもしれませんが、葬儀の場合には弔電で送る方がメリットがあります。では、どのようなメリットがあるのかを考えてみることにします。1つ目のメリットは、形に残るということです。弔電は電話や電子メールように形に残らないものではないため、相手方の元に確実に残ります。電子メールも一応形としては残りますが、こちらはあくまでデーターですので、なにかの拍子にそのデーターが消えてしまうこともありますので、確実性に欠けます。そして、2つ目のメリットは、素早く相手方に送り届けられることです。申し込んだその日のうちに、相手に届けることができます。以上のようなメリットが考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*